OKB総研

調査・研究

OKBグループのシンクタンクとして東海地域に軸足を据え、独自の視点から、産業や経済の動向、暮らしや文化のトレンドを捉えて、積極的な情報発信を行なってまいります。

最新調査

定期調査

「共立地域景況インデックス(K-REX)」

「共立地域景況インデックス(K-REX)」2017年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2017年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2016年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2016年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2016年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2016年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2015年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2015年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2015年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2015年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2014年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2014年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2014年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2014年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2013年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2013年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2013年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2013年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2012年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2012年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2012年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2012年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2011年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2011年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2011年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2010年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2010年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2010年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2010年 3月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2009年12月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2009年 9月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2009年 6月LinkIcon
「共立地域景況インデックス(K-REX)」2009年 3月LinkIcon

「新入社員の意識調査」

「主婦の消費行動に関するアンケート」

研究員一覧

三矢 昭夫

MITSUYA AKIO三矢 昭夫(特命研究員)

プロフィール
1955年 愛知県生まれ。
1978年 島根大学法文学部法律学科卒業。
1978年 大垣共立銀行入行。
その後、東京支店をはじめ主に名古屋近郊の支店勤務。
1999年 真正支店
2002年 大府支店
2005年 梅林支店
2008年 大垣駅前支店
 4店舗の支店長を勤める。支店長経験12年。
2011年 共立総合研究所(現OKB総研)に副社長として転籍。
2012年 同所特命研究員に就任。
宅地建物取引主任者
行政書士
日本FP協会の2級ファイナンシャルプランナー


研究テーマ
歴史全般

自主研究

「四国の覇者 長宗我部 元親 土佐統一 ─姫若子から鬼若子へ─」(REPORT2017 vol.165)LinkIcon

「四国の覇者 長宗我部元親(第1部)
 ~長宗我部氏のルーツとその基盤~」(REPORT2016 vol.160)LinkIcon


「板垣死すとも自由は死せず 自由民権運動の先頭に立った板垣退助」
(REPORT2015 vol.159)LinkIcon


「小松帯刀なくして明治維新なし
 時に利あらず、ともに忠に殉じた大垣と会津の魂」(REPORT2015 vol.158)LinkIcon


「小松帯刀なくして明治維新なし─龍馬の活躍から薩長同盟へ─」(REPORT2015 vol.157)LinkIcon

「小松帯刀なくして明治維新なし─雄藩薩摩の知恵袋─」(REPORT2015 vol.156)LinkIcon

「山内一豊の妻 千代」(REPORT2014 vol.155)LinkIcon

「古代にもあった関ヶ原の戦い 『壬申の乱』はこうして起きた(第4完結編)」
(REPORT2014 vol.153)LinkIcon


「古代にもあった関ヶ原の戦い 『壬申の乱』はこうして起きた(第3編)」
(REPORT2014 vol.152)LinkIcon


「古代にもあった関ヶ原の戦い 『壬申の乱』はこうして起きた(第2編)」
(REPORT2013 vol.151)LinkIcon


「古代にもあった関ヶ原の戦い 『壬申の乱』はこうして起きた」(REPORT2013 vol.150)LinkIcon

「関ヶ原の合戦 ifワールド
 もし、小早川秀秋の裏切りがなかったら歴史はどうなっていただろうか・・・?<後編>」
(REPORT2013 vol.149)LinkIcon


「関ヶ原の合戦 ifワールド
 もし、小早川秀秋の裏切りがなかったら歴史はどうなっていただろうか・・・?<中編>」
(REPORT2013 vol.148)LinkIcon


「関ヶ原の合戦 ifワールド
 もし、小早川秀秋の裏切りがなかったら歴史はどうなっていただろうか・・・?<前編>」
(REPORT2013 vol.147)LinkIcon


「俳聖 松尾芭蕉」(REPORT2013 vol.146)LinkIcon

ページtopへ

市來 圭

ICHIKI KEI
市來 圭(上席研究員)

プロフィール
1967年福岡市生まれ。
1992年東京大学法学部卒、
1994年コロンビア大学大学院国際公共問題研究科 修士号取得
1994年から1996年まで国連開発計画アスマラ事務所にて事業担当官補として国連によるエリトリア政府への技術協力事業の実施・運営に携わる。
1996年から2001年まで日本国際ボランティアセンターエチオピア事務所にて駐在員として農村開発事業の実施・運営に携わる。
2001年から2007年まで特定非営利活動法人ぎふNPOセンターにて理事兼事務局長として市民活動・NPO支援に従事。
2008年に共立総合研究所(現OKB総研)入社。


研究テーマ
アジア新興国経済
地域経営、民間公益、CSR(特にワークライフバランス、
男女雇用機会均等、外国人労働者など雇用労働分野)、
非営利事業マネジメントほか

新聞・雑誌の主な連載・寄稿
中部経済新聞コラム「グローバル 単眼複眼」(2011年10月~2013年10月)
中部経済新聞「シンクタンクレポート(現フィールドリサーチ)」(2014年2月~現在)
中日新聞コラム「風向計」(2013年5月~現在)
独立行政法人労働政策研究・研修機構
 『ビジネス・レーバー・トレンド』「地域シンクタンクモニター」(2013年8月~現在)
独立行政法人労働政策研究・研修機構『ビジネス・レーバー・トレンド』
 「ヘルスケア産業への挑戦」(2013年9月)

自主調査
「地域外からの若者を地域の力にする -地域おこし協力隊員の活躍を広げるには-」
(REPORT2017 vol.164)LinkIcon


「2017年東南・南アジア主要国経済の見通し」(REPORT2017 vol.164)LinkIcon

「中山間地域における『地域産業』としての自然エネルギー事業の普及をめざす
 -小水力発電と木質バイオマス熱利用を事例に-」(REPORT2016 vol.161)LinkIcon


「2016年東南・南アジア主要国経済の見通し」(REPORT2016 vol.160)LinkIcon

「介護分野における人材不足と外国人労働者の受け入れ」(REPORT2015 vol.159)LinkIcon

「第17回『主婦の消費行動に関するアンケート』結果」(REPORT2015 vol.157)LinkIcon

「2015年東南・南アジア主要国経済の見通し」(REPORT2015 vol.156)LinkIcon

「インド南部の工業団地概況」(REPORT2014 vol.155)LinkIcon

「10年目を迎えた『平成の市町村合併』の効果と課題
 ~岐阜県内の市町村を事例として~」(REPORT2014 vol.154)LinkIcon


「2014年度 新入社員の意識調査 結果」(REPORT2014 vol.154)LinkIcon

「ASEAN諸国の港」(REPORT2014 vol.153)LinkIcon

「2014年東南アジア経済の見通し」(REPORT2014 vol.152)LinkIcon

「高齢者の暮らしを支える地域包括ケアシステム
 ~その実現のためにサービス付き高齢者向け住宅の活用を~」(REPORT2013 vol.151)LinkIcon


「東南アジアの工業団地に関する概況と制度 その2」(REPORT2013 vol.150)LinkIcon

「2013年度 新入社員の意識調査 結果」(REPORT2013 vol.150)LinkIcon

「ヘルスケア産業への挑戦
 ~東海地域のものづくり中小企業にとっての新規分野~」(REPORT2013 vol.149)LinkIcon


「2013年東南アジア経済の見通し」(REPORT2013 vol.148)LinkIcon

「拡大するインド自動車産業にどう対応するのか
 ~アセアン諸国を中心としたグローバルサプライチェーン戦略~」(REPORT2012 vol.147)LinkIcon


「東南アジアの工業団地に関する概況と制度」(REPORT2012 vol.146)LinkIcon

「収入と事業から見た地域のNPO法人の現状
 ~『新しい公共』を担う岐阜県・愛知県のNPO~」(REPORT2012 vol.145)LinkIcon


「韓米FTAから見えるTPPの論点」(REPORT2012 vol.144)LinkIcon

「グローバル時代の人材として外国人留学生を考える
 ~外国高度人材の卵としての外国人留学生~」(REPORT2011 Vol.142)LinkIcon


「ASEANが結ぶ日本とアジア ~AFTAとASEANプラス・ワンの成立~」
(REPORT2011 Vol.140)LinkIcon


「アジアへの展開で見落としがちなこと
 ~グローバルスタンダードとなったCSR~」(REPORT2010Vol.137)LinkIcon


「飛躍するアジア ~経済成長を社会の発展に活かせるか~」(REPORT2010Vol.134)LinkIcon

「地方財政の健全化をめざして」(REPORT2009Vol.130)LinkIcon

「雇用戦略としてのワーク・ライフ・バランス」(REPORT2009Vol.127)LinkIcon

「知っておきたいNPOの傾向と対策<対策編>」(レポート2008Vol.124)LinkIcon

ページtopへ

笠井 博政

纐纈 光元

KOUKETSU MITSUMOTO
纐纈 光元(主任研究員)

プロフィール
1964年岐阜市生まれ。
1986年京都大学法学部卒、同年三井信託銀行(現三井住友信託銀行)に入行。
主に年金業務に携わる。
2005年大垣共立銀行入行。
2011年共立総合研究所(現OKB総研)に出向。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP1級)


研究テーマ
少子高齢化社会におけるライフプラン
現代社会におけるリスクマネジメント

自主研究
「2017年度・経済の見通し」(REPORT2017 vol.164)LinkIcon

「岐阜県版生涯現役社会の実現に向けて
 ─総合支援拠点づくりとシルバー人材センターの活用─」(REPORT2016 vol.162)LinkIcon


「2015年度・経済の見通し」(REPORT2015 vol.156)LinkIcon

「第16回『主婦の消費行動に関するアンケート』結果」(REPORT2014 vol.153)LinkIcon

「2014年度・経済の見通し」(REPORT2014 vol.152)LinkIcon

「10年目を迎える観光立国ニッポン」(REPORT2013 vol.148)LinkIcon

「第14回『主婦の消費行動に関するアンケート』結果」(REPORT2012 vol.145)LinkIcon

「水道の安全と安心 ~東海地方の水道の耐震化状況~」(REPORT2012 vol.144)LinkIcon

ページtopへ

髙木 誠

TAKAGI MAKOTO
髙木 誠(主任研究員)

プロフィール
1994年 青山学院大学文学部卒、同年大垣共立銀行に入行。
2000年~2004年 共立総合研究所(現OKB総研)に出向、情報サービス部研究員として主に会員制事業「共立ビジネスクラブ」運営に携わる。
2012年~2014年 公益財団法人岐阜県産業経済振興センターに出向、調査・研究担当主任研究員として岐阜県内の地場産業調査等に携わる。
2014年 共立総合研究所(現OKB総研)に再び出向、調査部主任研究員として従事。
中小企業診断士。
宅地建物取引士資格者。


研究テーマ
物流・商流システム、地域経済・文化、地場産業

新聞・雑誌の主な連載・寄稿
中日新聞「風向計」(2014年5月~)
中部経済新聞 シンクタンクレポート
 「酸性物を無害化、水や土守る~地元鉱山産出「石灰」のポテンシャル~」(2014年8月)
 「地域公共交通の模索と再生への試み~養老鉄道を事例にした挑戦~」(2016年10月)
岐阜大学複合材料研究センター ニュースレターNo.2
 巻頭言「岐阜大学複合材料研究センターの研究分科会活動への期待」(2014年9月)
岐阜県社会福祉協議会 福祉だより ぎふ2016年1月号
 「地方創生について~岐阜県の取り組みから~」(2016年1月)
金融財政事情研究会 第13次業種別審査辞典
 「石灰製造業」(2016年1月)

自主研究
「─まちの維持には鉄道が不可欠と覚悟を決めた「えちぜん鉄道」から学ぶ─
 地域公共交通再生への取り組み 」(REPORT2017 vol.166)LinkIcon


「地域公共交通の模索と再生への試み
  ~養老鉄道を事例にした挑戦~」(REPORT2016 vol.163)LinkIcon


「“岐阜ローカル鉄道4路線”を考える
 『地域資源』を活かした取り組みと永続的な安定を目指して」(REPORT2015 vol.157)LinkIcon


「“静脈物流”の持つ新たな可能性」(REPORT2015 vol.156)LinkIcon

「知りたい!豊橋 東三河の高いポテンシャル」(REPORT2014 vol.155)LinkIcon

ページtopへ

渡邉 剛

WATANABE TSUYOSHI
渡邉 剛(主任研究員)

プロフィール
1972年 岐阜県生まれ。
1997年 名古屋大学法学部卒、同年株式会社大垣共立銀行に入行。
2005年 財団法人岐阜県産業経済振興センター出向、
企業マッチング、展示会・商談会企画など
県内企業支援業務に携わる。
2007年 共立総合研究所(現OKB総研)出向、
主に産業振興、次世代産業の受託調査に従事。
2009年-2010年 名古屋大学研究推進室兼務。
2015年-2016年 日本福祉大学非常勤講師。
2017年 愛知学院大学非常勤講師。
中小企業診断士。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP1級)。


研究テーマ
企業経営理論、地域経済と産業、産学官連携

新聞・雑誌の主な連載・寄稿
中部経済新聞「経済レーダー」(2014年5月~)
中日新聞「風向計」(2013年6月~)

自主調査
「2015年度新入社員の意識調査結果」(REPORT2015 vol.158)LinkIcon

「産業連関表からみる地域経済構造─小地域版産業連関表の活用─」(REPORT2015 vol.156)LinkIcon

「岐阜県の人口問題を考える」(REPORT2014 vol.155)LinkIcon

「変わりゆく公共図書館」(REPORT2014 vol.154)LinkIcon

「文部科学省『平成25年度全国学力・学習状況調査』の分析による
 『いい子どもが育つ』都道府県ランキング」(REPORT2014 vol.153)LinkIcon


「スマートフォンでつながる世界 ~GIFU・スマートフォンプロジェクト~」
(REPORT2014 vol.152)LinkIcon


「金城ふ頭開発の現状 ~リニア・鉄道館の経済効果~」(REPORT2013 vol.151)LinkIcon

「人口減少社会における観光と地域づくり」(REPORT2013 vol.150)LinkIcon

「第15回『主婦の消費行動に関するアンケート』結果」(REPORT2013 vol.149)LinkIcon

「2013年度・経済の見通し」(REPORT2013 vol.148)LinkIcon

「スポーツで深まる地域の絆 ~地域活性化の処方箋としての
 『総合型地域スポーツクラブ』~」(REPORT2012 vol.147)LinkIcon


「2012 年度 新入社員の意識調査結果」(REPORT2012 vol.146)LinkIcon

「お孫さんへの支出実態調査(2011年度調査)」(REPORT2012 vol.145)LinkIcon

「次世代自動車で動き出す産官学連携」(REPORT2011 Vol.143)LinkIcon

ページtopへ

中村 紘子

NAKAMURA HIROKO
中村 紘子(主任研究員)

プロフィール
1973年生まれ。奈良女子大学文学部社会学科卒
1997年 読売新聞中部本社(現・東京本社中部支社)入社
社会および経済記者として名古屋市政・愛知県政や中部企業などの取材担当を歴任
2014年 読売新聞退職。共立総合研究所(現OKB総研)入社、主任研究員


研究テーマ
中部圏の商業集積・観光開発等の分析、交通政策


自主研究
「2017年度 新入社員の意識調査 結果」(REPORT2017 vol.166)LinkIcon

「地方住宅都市の課題解決に向けて ─高蔵寺リ・ニュータウン計画から学ぶ─」
(REPORT2017 vol.165)LinkIcon


「2016年度 新入社員の意識調査 結果」(REPORT2016 vol.162)LinkIcon

「岐阜ならではのツーリズムとは ─西美濃の宿泊滞在型観光を例に考える─」
(REPORT2016 vol.160)LinkIcon


「リニア時代に向けた岐阜県内交通ネットワーク」(REPORT2015 vol.159)LinkIcon

「観光地域経済調査からみる高山─「観光地経営」という考え方の必要性─」
(REPORT2015 vol.158)LinkIcon


「中部国際空港のアクセス考察」(REPORT2015 vol.157)LinkIcon

ページtopへ

伊藤 嘉浩

ITO YOSHIHIRO
伊藤 嘉浩(主任研究員)

プロフィール
1975年生まれ。同志社大学商学部卒
1998年 株式会社デンソー 入社 電機部品の購買を担当。
2001年 経済産業省(中部経済産業局) 入省 調査課にて、生産動態統計、鉱工業生産指数、産業連関表の作成を担当。GNI(グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ)推進室にて、外資系企業誘致や企業マッチングを担当。企業育成総合支援室にて、産業クラスター計画を担当。ロボット・テクノロジー、木質バイオマスの振興事業と中小企業の販路開拓支援を担当。
2009年 経済産業省(中部経済産業局)を辞職。株式会社ゲイン入社、のち契約社員。公益社団法人日本プラントメンテナンス協会、クラシックバレエ団、ITメディア関連企業のアドバイザー、政策秘書等の業務に就き、街づくりや地域振興イベントに関わる。
2015年 OKB総研入社。


研究テーマ
製造業の産業集積
産業政策・企業支援
広域連携

自主研究
「2017年度・経済の見通し」(REPORT2017 vol.164)LinkIcon

「2016年度・経済の見通し」(REPORT2016 vol.160)LinkIcon

ページtopへ

中澤 大輔

調査部nakazawa-s.png
中澤 大輔(研究員)

プロフィール
1982年豊橋市生まれ。
2006年南山大学経営学部卒、同年株式会社大垣共立銀行に入行。
2015年共立総合研究所(現OKB総研)に出向。



研究テーマ
地域経済、雇用

新聞・雑誌の主な連載・寄稿
中部経済新聞 「シンクタンクレポート」
「少子高齢化、『モノづくりの技能』をどう継承していくか」(2015年3月)


自主研究
「都市の求心力を高める『名古屋MICE』」(REPORT2015 Vol.157)LinkIcon

ページtopへ

※各レポートの内容を転載・引用されるにあたっては、
出典を明記していただくとともに、下記までご連絡ください。

(株)OKB総研 調査部 TEL:0584-74-2615
Eメール:report@okb-kri.jp

ページtopへ